100円ショップでの注意点




百円ショップ、俗に言う100均ですが
色々な商品があって楽しくなって、ついつい余計な買い物もしがちです。
お金を貯めるにはそういうところからも見直さなければなりませんね。

100円ショップで商品を見て回ると
「え!? これも100円なの!?」と驚いてしまいます。

100円で販売できるようなものはもちろん、
倒産処分や在庫過多になった100円以上の商品や
キズがあったもの(まず分かりません)も100円で売られています。

100円ショップの一番の基本は、先ほど書いた
「これ、100円なの?」という商品に
いかに原価の安いものを100円で買わせるかにかかっています。

今は人件費、生産コストを下げたものを中心としている為
大抵のものが100円で購入出来るようになっています。

例としてボールペンは文房具店では1本100円ですが
中国で大量生産すれば1本あたり1円で製造できます。

これを10本100円にすることで割安感を与えることが出来ます。

100円で売られている商品のよくある落とし穴としては
よく見ると内容量が通常の物よりも少ないものであったり
お菓子などは実際は70円~80円で売られている物なども多いです。

また、物によっては低コストの100円で作られているため、
通常の物よりかなり壊れやすかったり寿命が短くなっています。

あまり壊れなさそうなものは100円ショップで購入し
内容量が同じものや質の低すぎないものじゃなければ
低価格の100円ショップで購入するといいでしょう。

100円ショップで買ってはいけないものリストなんていうものも作ってみました




100円ショップでの注意点についてのページです。
一攫千金の副業さがし、女性のための高収入アルバイト探し。

「100円ショップでの注意点」と一攫千金の副業の関係性。

年収アップの秘密を「100円ショップでの注意点」で検証する。
風水で100万円貯金する。売れる宝くじ売り場と保管方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする