医療事務の仕事をするには




医療事務ってよく聞くけど具体的な仕事内容は何をするのでしょうか?
そんな疑問を解決しましょう。

まず大きく分けるとこんな感じになります。

「会計業務」
診療費のうち、患者様の自己負担分を徴収します。ミスの許されない責任の大きな仕事。病院経理のかなめといえる仕事です。

「診療報酬請求業務」
国や健康保険組合に提出する請求書=レセプト(診療報酬明細書)の作成から請求までを行います。レセプトは患者様一人の1ヵ月分の診療内容を点数に置き換えたもので、専門知識をフルに使います。

「オペレータ業務」
診療や投薬、患者様自身の情報を、カルテや処方箋から読み取ってコンピュータに入力します。スピーディーで正確な仕事が求められます。

「受付業務」
患者様を優しい笑顔で迎え、保険証の受け渡し、受診経路のご案内やカルテの準備などを行います。また、医療に対する知識を発揮するシーンも度々あります。

「病棟クラーク」
入院患者様の診察内容のコンピュータ入力、入退院時の手続きなど医療の最前線で活躍。看護師さんの事務作業のサポートも行います。

「カルテ管理」
カルテには患者様の個人情報がたくさん詰まっています。速やかな診察のための整理や検索をはじめ、その持ち運びや管理に正確性が求められます。


こう見ると全部覚えることなんてできないって感じしちゃいますね。

これを教えてくれるところがあるわけですが、受講料はだいたい6万円~10万円
3か月から6カ月程度で知識をつけます。

一般財団法人日本医療教育財団が実施する「医療事務技能審査試験」が毎月一回行われていますので、それに受かれば、資格取得となり、就職に大きく役立つでしょう。

受講する学校によっては当然、就職支援を行ってくれるところもありますので、そのあたりも要チェックですね。




医療事務の仕事をするにはについてのページです。
一攫千金の副業さがし、女性のための高収入アルバイト探し。

「医療事務の仕事をするには」と一攫千金の副業の関係性。

年収アップの秘密を「医療事務の仕事をするには」で検証する。
風水で100万円貯金する。売れる宝くじ売り場と保管方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする