アルバイトの面接に受かるテクニック




アルバイトを始めるには、通常はまず面接に受からなければ始まりません。

すごく稼ぎのいい仕事を見つけて
いくらやる気があっても
募集定員が5人のところに10人来たら、5人は落ちるわけです。
では、アルバイトの面接官は何を基準に決めるのでしょう。

何をどうすれば面接に受かるのか?
ここでは、経験、知識は別として、最低限の条件を書きます。

逆にいえば、これができないようでは、知識や経験があっても
面接で落とされる確率が高くなるので、その経験を
生かすどころか、見せることさえできないでしょう。

まずは面接の申し込みの電話
当たり障りなく終わればいいのですが、最低限の敬語くらいは出来ないと
「明日、しょうもない奴が面接に来る」と
面接前からマイナススタートとなってしまいます。
電話に関する注意点は大きく3つだけ!
1.礼儀正しく、きちんとした言葉遣い
2.はきはき、相手に聞きやすくしゃべる
3.相手が忙しいと予測できる時間帯は避ける

これだけです、そんなに緊張することはありません。


面接地への到着時間

ここからすでに仕事に対する姿勢がみられています。
面接開始の約10分~15分前までには、面接場所に着くようにしましょう。
到着予定時間から逆算し、余裕を持って行ける時間に家を出ましょう。
また、知らない駅で降りる場合など、思っているよりも時間がかかるので
たっぷりと余裕をもって、家を出ましょう。

30分以上前についてしまったら、少し時間を潰したほうが無難。
早く行きすぎても逆に迷惑になることもありますので、十分注意しましょう。


面接に必要なもの

履歴書はあたりまえ、意外と忘れるのがメモ帳です。
相手が仕事についての重要なことや、今後の日程など、忘れてはならないことを言ってきた時に、さっとメモを取りましょう。
今どきですと、携帯のメモ機能に入れたりすることもできますが、面接官への印象としては、手帳に手書きのほうが絶対に良いですね。
もちろん印象の話だけではなく、実際に忘れてしまって、相手に聞き直すのは致命的でもあります。


ガンガン質問する

仕事内容で気になることや、興味が湧いたことはガンガン質問しましょう。
「こいつは意欲があるな」とみられます。
逆に、お金のことを最初に聞きすぎないように注意しましょう。


面接に受かってからのことも考える

お金のことはあまり聞かないようにと言いましたが
時給のこと(研修期間があるかなど)やシフトも大事な問題です。
モチベーションの続かないような職場では、せっかく面接に受かっても意味がありません。
最低限のことは聞いても良いです。
ただし、最後のほうで聞き、さらに仕事内容の質問で終わるようにしましょう。
というのも、会話というものは最初と最後が印象に残るものです。

お金のことは重要ですが、勘違いしてはいけないのは、世の中、アルバイト情報誌などに掲載されているいい条件の仕事ばかりではありません。
ですが逆に、最初は条件がきついけど、おおきな昇給があったり
役職がついたりと、長期やることによって他のアルバイトよりも
はるかにいいお給料の仕事もあります。
目先の時給に戸惑わされないように見定めてください。

とにかく自分がやる気を持って継続できるかを基準にしたほうがよいでしょう。




アルバイトの面接に受かるテクニックについてのページです。
一攫千金の副業さがし、女性のための高収入アルバイト探し。

「アルバイトの面接に受かるテクニック」と一攫千金の副業の関係性。

年収アップの秘密を「アルバイトの面接に受かるテクニック」で検証する。
風水で100万円貯金する。売れる宝くじ売り場と保管方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする