TDLの裏側(ディズニーランドの裏側)




ディズニーランドには様々なうわさが流れているものがあります
当然、皆様に夢を与えるための必要なルールを前提にしたものですが
「へー、そうなんだ」という決まりごとがたくさんあります
以下は、ネットで見たり、アルバイト経験者の話などを参考にまとめたものです
情報は、あくまでもウワサですので、真偽のほどはさだかではありません
かく言う私も、実はオリエンタルランド関連で仕事をしたことがありますが
かなりルールはシビアでした
ディズニーランドの見えない裏側のルール

ディズニーランドには鏡が少ない(普通とは違った場所にある)

トイレの洗面台から少し離れた場所にはあり、手洗い所が混雑しないようになっている
あと、ネズミの耳のカチューシャをつけている姿を見て
何やってんだろ・・・と我に返るのを防ぐため(笑)

ディズニーランドには時計が極端に少ない
時間を忘れて楽しんでもらうためと、キャストが腕時計をしているために
キャストに聞けば時間はわかり、その際にコミュニケーションをとるため

ディズニーランドは常に掃除している
ディズニーランドには600人もの清掃スタッフがいて、300人交代でそうじをしている
夢の国にゴミが落ちていてはいけない

掃除スタッフは他の施設に比べ異常に多い ディズニーランドの入り口は一つ
映画を途中から見るとおもしろさが半減してしまうのと同じで
エントランスから盛り上げる演出のため

スペースマウンテンには裏ルートが存在する
安全バーが正常に作動しなかった場合などのための緊急避難ルートがある

行列はジグザグに作る
行列を長く感じさせないように何回も折り返しをつけ、進んでいる気持ちにさせる
ま、これはどこの遊園地でも一緒でしょうが、ここは特に気を使っているようです

ディズニーランドは、敷地内から外部の風景が見えないようにしている
夢を壊さないため。ホテルは全て12階建てである

ディズニーランドには落葉樹がない
夢の国なので、桜のように、春に花が咲き、夏には青々とした緑
秋には葉っぱが散って、冬には枝だけ・・・
という時の移り変わりを感じるものはふさわしくない

ディズニーランドでは従業員と呼ばずにキャストと呼ぶ
お迎えする側の人間(キャスト)がゲストに感動を与えるため

東京ディズニーランドは、地下にある洞窟のような通路で、全部つながっているという。
そして、ミッキーやミニー達が、いろいろなところに出没できるのも
この地下通路のおかげだと言われている。

地下通路には、4個所、地上からの入り口があり、中には車も走っているといわれている。
確かに、アドベンチャーランドの「クリスタルパレスレストラン」に
料理の材料などを運び込んでいるのを見られては
お客様が冷める

徹底した教育と夢の国のためにお金と努力はいとわない、ディズニーランド
ディズニーランドは常に未完成でなければならない
常に夢を追いかければ、いつまでも完成するはずがない。

これはディズニー創始者W・ディズニーの名言でも有名です

「現状維持は後退である」まさに有限実行と言うところでしょう

リピーターに「今度は新しくできたあのアトラクションを見よう」と考えていただくために。
2年に1つ、100億単位のアトラクションを建設する。
スプラッシュマウンテン(270億)、スターツアーズ(108億)
参考:ホテルサンルート(95億)、北九州のスペースワールド(トータル300億)
15万坪のパークと10万坪の駐車場には自動販売機を置いてはいけない。

自動販売機は便利だけれど、感動は与えない。
機械と人はコミュニケーションができない。

銀行ではコミュニケーションが大切だといいながら、CD機をどんどん増やしている。
やっていることといっていることがまるきり逆ですよね。

パークの中 :「人ができることは、全部人がやる」 ―― コミュニケーションのチャンス

このあたりは普通の商売でも成功へのヒントとなるのではないでしょうか。




TDLの裏側(ディズニーランドの裏側)についてのページです。
一攫千金の副業さがし、女性のための高収入アルバイト探し。

「TDLの裏側(ディズニーランドの裏側)」と一攫千金の副業の関係性。

年収アップの秘密を「TDLの裏側(ディズニーランドの裏側)」で検証する。
風水で100万円貯金する。売れる宝くじ売り場と保管方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする