便利屋になるには 便利屋の求人と裏事情



便利屋になるには? 求人で便利屋になれるか?

テレビなどでもおなじみの便利屋。

ごみ屋敷の掃除などで知られる便利屋だが、果たして便利屋とは何なのか?

どういった仕事内容で、どれくらいの収入があり、どうしたら便利屋になれるのかをご紹介していきます。

便利屋の業務内容

その名の通り、便利屋なので可能な限り何でもするのが便利屋さん。

別名何でも屋さんというくらいなので、それは理解いただけるでしょう。

しかし、結局は人間がやることであり、専門知識や技術がいる作業は、その会社にそれなりの人がいなければ仕事は請け負えないわけです。

その業務内容は幅広く、引っ越し作業、ハウスクリーニング、害虫駆除、植木の手入れから孤独死の部屋の処理まで行うというものです。

掃除や荷物の移動は比較的簡単な作業と言えますが、害虫駆除や電気工事系など専門知識が必要なものを依頼する場合は注意が必要です。

目で見て結果が分かる物であればよいのですが、ネズミの駆除などは一時的に来なくなっても根本を解決しないとまた現れます。

便利屋の料金体制

便利屋は基本的には、時間と人数で基本料金が算出され、あとは作業内容でプラスアルファがかかるようです。

そこで問題なのは、安い便利屋ばかりでなく、悪質な業者も存在するということです。

これは便利屋に限ったことではないので、どんな時でも注意が必要ですが、とくに便利屋に作業を依頼する場合の、後払いで、作業後に料金が確定するものは注意してください。

作業後に「あれも交換した」「ここも清掃した」など何らかの理由で高額の請求をされるトラブルも少なくありません。

おおよその便利屋料金は人間一人で1時間3000円程度。

ただこれは単純な作業費で、プラス基本料金がかかるのが普通と言えます。

つまり、1時間程度の作業でも5000円~1万円は見ておいたほうが良いかもしれません。

便利屋を始めるには

便利屋さんをやっている方の多くは、もともと何かの専門業種であった人が多いようです。

例えば植木屋さんだった人が、荷物の移動も頼まれて・・・

であれば商売にしてしまおうといった具合ですね。

実際に始めるには、正直、掃除道具と車程度で「ハウスクリーニング専門」という形からでもスタートはできます。

ただし、プロとして掃除をするわけですから、専門の道具や、油汚れや水アカの落とし方などの知識は必要です。

複数人いるのであれば、荷物の移動などをメインにすれば始めることは可能です。

また、フランチャイズの募集をしている便利屋もありますので、それらを利用してもいいでしょう。

フランチャイズの場合は当然初期費用がそれなりにかかります。

50万~200万程度は見たほうが良いでしょう。

フランチャイズに加入することによって、専門の道具が与えられるところや集客をすべてやってくれるところなどスタウイルは様々あると思いますので、契約内容をしっかりと確認してください。

便利屋の収入はやる気次第

便利屋さんに収入を聞くと、同じような人口密度の地域で業務をやっていても、大儲けしている人と、全くうまくいかない人がいます。

それは、人員、技術が同じだった場合は「やる気」が大きく差を分けるのです。

月収で言うと数百前絵にも上る人もいれば数万円の人もいました。

便利屋の仕事は業務内容によってかなり利幅も違いますし、遠方への移動も当たり前のようです。

どんな些細な仕事も笑顔で、遠方でもこなしていくという地道な努力がリピーターを付けたり口コミで評判が広まったりと、売り上げが伸びてくるようです。

これはどんな商売でも同じで、やはり地道な努力のたまものとなってくるわけです。

※ここで紹介した内容は一部の便利屋に話を聞いたうえでの内容なので、必ずしもそうでないこともあります。



便利屋になるには 便利屋の求人と裏事情についてのページです。
一攫千金の副業さがし、女性のための高収入アルバイト探し。

「便利屋になるには 便利屋の求人と裏事情」と一攫千金の副業の関係性。

年収アップの秘密を「便利屋になるには 便利屋の求人と裏事情」で検証する。
風水で100万円貯金する。売れる宝くじ売り場と保管方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする