給付金、補助金の裏ワザ(医療控除)




意外に知られておらず、ほったらかしなのが医療費関係。

申請さえすれば返ってくるお金を放っておいて損していませんか?

一般的なサラリーマン、つまり給与以外に収入のない人にとって、もっとも有効活用できる節税対策が、『医療費控除』なんです。

医療費控除とは、簡単にいうと年間10万円以上(または所得の5%以上)の医療費がかかった場合、10万円を超える分は、課税所得から免除される制度のこと。お得ですね、知らなんだ~!

たとえば、年間40万円の医療費がかかったとすると、そのうち30万円が課税所得から差し引かれます。
もし課税所得が300万円だった場合、医療控除により課税所得は270万円になり、所得税と住民税を合わせて、約6万円の節税。

とはいえ、『年間10万円以上も医療費に使わない』という人も多いかもしれません。
ですが、なんと医療費は病院に通院した場合以外にも、通院の交通費や市販の薬代も医療控除の対象になります。えらい。
しかも、医師の指示があれば、マッサージ代も控除対象になります。やっぱえらい。
これらを含めば、家族全員の分をちゃんと足せば、結構10万円以上になる人も多いんじゃないでしょうか?

金額は記事掲載当時のものですので変動することもありまうからご注意ください。




給付金、補助金の裏ワザ(医療控除)についてのページです。
一攫千金の副業さがし、女性のための高収入アルバイト探し。

「給付金、補助金の裏ワザ(医療控除)」と一攫千金の副業の関係性。

年収アップの秘密を「給付金、補助金の裏ワザ(医療控除)」で検証する。
風水で100万円貯金する。売れる宝くじ売り場と保管方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする