医療費を損しないためのジェネリック薬品とは




普通の医薬品に比べ安い医薬品があります
それはジェネリック医薬品と言うものですが
なぜ安いのでしょうか?
安い分、効かないのではと不安になったりもしますよね

そもそもジェネリック薬品とは
先発品(新薬)の特許満了後に、製造発売される医薬品です。
ジェネリックとは一般的商品で、すでに承認されている医薬品と有効成分、投与経路、用法・用量、効能・効果が同等である医薬品をいいます。
薬には通常特許があって、他の製薬会社が製造・販売することは出来ません。しかし一定期間が過ぎ特許が満了した医薬品は公共財と見なされ、他の製薬会社が同種、同効の薬を製造・販売することが出来ます。この医療用医薬品のことをジェネリック医薬品と呼びます。これに対して新薬を先発品と呼びます。このように、ジェネリックは特許満了後に発売されるため、有効性、安全性が確立された医薬品です。

ま、簡単に言うと特許が切れた版権フリー素材のようなものですね。

薬の効果に関してもジェネリック医薬品の品質と有効性は厚生労働省が定めた基準で先発医薬品と同等であることが確かめられています。

では、普通のドラッグストアでも売ってればいいのにと思うでしょうが、ジェネリック医薬品は医師の処方せんに基づいて処方されるお薬です。
従って、ネット販売及び通販はできません。医療機関で診察を受け処方して購入するしかないのです。

病院で薬を処方してもらう時に
ジェネリック薬品にされますかと聞かれることがあるので、その時のために参考にしておいてください。




医療費を損しないためのジェネリック薬品とはについてのページです。
一攫千金の副業さがし、女性のための高収入アルバイト探し。

「医療費を損しないためのジェネリック薬品とは」と一攫千金の副業の関係性。

年収アップの秘密を「医療費を損しないためのジェネリック薬品とは」で検証する。
風水で100万円貯金する。売れる宝くじ売り場と保管方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする