宝くじが当たった時の税金




まずは結論からズバッと言うと
宝くじで当たったお金に税金はかかりません。

これはみずほ銀行の宝くじなら
ジャンボ宝くじ・ナンバーズ・ロト6などで億単位のお金が当たっても
税金はかかりません。

まさに一獲千金ですね!

なぜ宝くじの当選金は非課税なのでしょうか?

それは例えばジャンボ宝くじの場合、約40%(1枚300円のジャンボ宝くじの約120円分)は収益金として発売元の各自治体の収益となっていますので、私たちは宝くじが当たろうと、外れようと、宝くじを購入した時点ですでに税金を払っていると同じことになるので、当選金からさらに税金を搾り取られることはないのですね。

ちなみに当せん金品の支払い請求に関しては、法律上の制限は一切ないため、仮に懸賞等でくじ券を譲渡(贈与)された未成年者などであっても、当せんしていれば誰でも支払い請求を行うことが出来るのです。
ただし、10万円以上の当せん金の受け取りには本人確認書類と印鑑が必要となり、未成年が受け取る際は保護者に支払われることになります。

まあ、高校生以上の金銭価値がしっかりしている人でない限りは事実上親のものですかね・・

先ほど税金はかからないと書きましたが例外もあります!

もしも当選金を家族、友人、知人などに分配してしまうと、当然「贈与税(1人に対して年間110万円以下の贈与であれば贈与税はかからない)」の対象となりますし、仮に宝くじをグループで購入していた場合でも、当選金を1人で受け取って、後にグループのメンバーに分配した場合も同様に贈与税の対象となりますので、当選金を分配したい場合は、必ず銀行で受け取る際に、分配したい人全員の名義で受け取るようにしなければならないのです(受取人の署名・捺印がある委任状があればOKです)

ようするに面倒くさいので1人で買ったほうがいいでしょうね。




宝くじが当たった時の税金についてのページです。
一攫千金の副業さがし、女性のための高収入アルバイト探し。

「宝くじが当たった時の税金」と一攫千金の副業の関係性。

年収アップの秘密を「宝くじが当たった時の税金」で検証する。
風水で100万円貯金する。売れる宝くじ売り場と保管方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする