風水でお金を貯める(通帳の保管の仕方)






初めに言っておきますが、風水でお金が貯まるわけではありません。最低限の努力はしないとだめですよ、寝ててもお金は稼げませんからね。

ということで、風水学的に中金通帳は
どう保管したらよいかを検証しましょう。

まず、貯金通帳は、黒い布などに包んでしまっておくのが、金運を上げるためのベストな保管方法と言われています。
黒色には「貯めこむ」という風水的意味があり、貯金通帳の中に「お金の気」を集めてくれるらしいですね。

逆に、赤色やオレンジ色などは、「火の気」を持つ色。出費を促す効果があるので、避けるようにしましょう。これは家計簿や数字にかかわることは、たまたまペンがなくても赤いペンでは書かない、何と言っても「赤字」というくらいですからね。

これは商売をやっている人は絶対やらないといってもいい常識ですね。ま、げん担ぎの一種ですけどね。

お金の扱いで気をつけたほうがいいのは、通帳記帳のタイミングです。
出し入れの多い口座の場合は、必ず入金した後に記帳するようにしましょう。

通帳の上で、いつも「増えている」状態にしておくことで、その口座自体に「増える」気を植えつけると言われています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする