2020年ディーラーで稼いでみよう ディーラーになるには






ずいぶん前から話題となっていたカジノ法案ですが、日本でもついにカジノが実現しますね。

さてギャンブルに関する良し悪しは置いておいて、そういった施設ができるということは雇用も増えるわけです。

そこで一番注目なのは今まで日本人にはさほどなじみのなかった
ディーラー
という職業が身近になるということです。

海外ではなりたい職業、ランキング上位のディーラー

ディーラーってどうしたらなれるの?

そのポイントを説明していきます。

ディーラーになれる!

・スクールでノウハウをすべて教われる。

・分割で学費が払えるので、お金がなくてもすぐ始められる

つまり今日からディーラーを目指せるというわけですね。

日本にはカジノというものが一時話題になった「アミューズメントカジノ」というお金を賭けないカジノディーラーという職業も一瞬だけ注目を浴びましたが、世界的に見てディーラーという職業は「手に職を持った人気の職業」なのです。

特にラスベガスなどカジノで有名な地域周辺はもちろん、そういった場所で働きたくて世界中から人が集まります。

2020年以降は日本にカジノも

2020年に以降にはついに日本にカジノができるということで、今後カジノのディーラーになる日本人も増えるのではないかと考えられます。

しかし、先ほど書いたように「職人芸」とも言われるようなカジノのディーラーは、なりたいです、と面接を受けに行ってすぐなれるようなものではありません。

きちんとした知識と技術が必要な仕事なのです。

年収1000万円を超える人気の職業

韓国のとあるカジノが追加ディーラーを募集したところ、約5,000人もの応募があったというほど人気の職業なのがディーラーという職業。

人気の秘密は「カッコイイ」というイメージの部分と、何と言っても年収が高いこと。

初期は400万円程度のようですが、一定の管理を任されるポジションまでいけば年収1000万円を超えると言われています。

-新時代のエリート職?あなたもカジノディーラーを目指そう!-
日本初のカジノディーラー養成スクール【日本カジノ学院】

スクール卒業生は世界のカジノへ

スクールを卒業したディーラーたちは世界のカジノへ就職する夢ができます。

もちろんそこから先はあなたの腕前次第。

このスクールではオーストラリアでの海外研修などで本物のカジノのバックヤードを見学できたりと、国内で机上の知識だけを得るわけではありません。

これからの新しい職業としてディーラーは大変注目度の高いジャンルです。

なおかつ新しいと言っても日本ではというだけなのでノウハウはすでに揃っています。

実際に国内でディーラーとして働けるのはいつから?

2019年の現段階では国内のカジノに関してはまだ場所が決まっていない状態ですが、候補地の確定は2021年から2022年頃を目処に行われる見込みですので、2~3年後を見据えて今からエキスパートになっておけば、本格的にスタートしたときにオープニングスタッフとして歴史的な仕事(日本では)につけるのではないでしょうか。

ディーラーの学校は月1万円以下でも可能

ディーラーになるためのスクールは分割払いもOKで月1万円程度の支払いで通うことができます。

授業のスケジュールも好きに組めるので、仕事をしながら週に2回、3回など自分のペースで学ぶことができます。

ディーラーになれば仕事はある?

現在、カジノ施設は世界の約144ヶ所の国と地域で設置されていて、様々な国でディーラーの需要があります。

国内では1ヶ所のIR型カジノで約1,000人~3,000人のディーラー、スタッフが必要になると言われていて、すでに新たな仕事へのチャレンジとして動き出している人もたくさんいます。

学費の支払いにクレジットカードも使えるというから、始めたい人はとにかく早めに動いたほうが良いでしょう。