コロナで外出自粛でも儲かる仕事






新型コロナウィルスが世界中に猛威を振るう中、様々な企業の収益は激減しリーマンショックを超える不況と言われている。

しかし、そんな中、収益を伸ばす業態がある。もちろん医療関連に従事する仕事は人手が足りない。しかし、そんな中、収益を伸ばす業態がある。もちろん医療関連に従事する仕事は人手が足りない。
しかしそういった業種ではなく、一般的に誰でもできる仕事で需要が増えている業種がある。

それは宅配のドライバーだ。

不要不急の外出自粛要請があり、人との接触を避けるためネットで買い物をする人が増えている。
これらを届けるのは当然宅配ドライバーである。
アマゾンなど、個人宅配は1日に100件から200件を配送すると言われ、通常であればこれは1日に100人から200人に接触することになる。

そう考えるととてつもないリスクのある仕事と感じられるが、現在は感染リスクを避けるため「置き配」というサイン不要の玄関前などに配達物を置く配送方法がとられていて、現実に人と接触する回数は減っている。

もちろん全員ではないので1日に数10人との接触は最低でもあるだろう。つまり感染リスクを伴うことが確実であるが、現在の情勢から考えると間違いなく増え続ける仕事といえよう。
もちろん全員ではないので1日に数十人との接触は最低でもあるだろう。つまり感染リスクを伴う事は確実であるが、現在の情勢から考えると間違いなく増え続ける仕事といえよう。

過酷な環境の中厳しい仕事ではあるが、仕事がなくなってしまっている人々に比べると、最低限の収入は得られることになる。

先行きが不透明な中、収入がないまま耐え抜くか、こういった仕事を選んで収入を得るかの選択に迫られる。