コロナで儲かる仕事は何なのか 第二章






前回コロナウィルスで儲かる仕事について書いたが、儲かると思って初めて大損をした仕事もある。
それはトイレットペーパーなど、不足していたときに転売目的で大量に購入した人だ。

現在はマスクや消毒関係のものが不足していてその転売を狙う人が多数いるようだが、既に各企業がマスクの生産等に乗り出し、強烈な不足が続くことがいつまで続くかはわからない。

またこういった商品の高額転売に関しては既に政府が動いていていっぽ間違うと法に抵触する恐れもある。

そもそも人の命に関わるようなこういった案件で目先の金儲けに走る事はあまりお勧めはしない。
飲食業など多大なダメージを受ける業種の人々は収入のほとんどがなくなるため、何か儲かる仕事を始めるしかないであろうが、成功するビジネスの最も重要な部分は人の役に立つと言うことだろう。